シャンプーやリンスが頭頂部や前頭部の薄毛の原因になることも

薄毛が気になってきたらシャンプーを見直してみる

シャンプーは頭皮の汚れを取るためのものです。ドラッグストアやスーパーマーケットで市販されているシャンプーには洗浄効果を持つ化学成分が配合されているものが大多数となっています。また、洗い上がりの爽快感のために香辛料が配合されていたり、商品の品質を保つために防腐剤が配合されているものもあります。シャンプーが体質に合わない場合、ひょっとしたら知らず知らずの内に頭皮と髪にダメージを蓄積させてしまっているかも知れません。

頭頂部や前頭部の薄毛が気になっている人は洗髪を念入りに行いがちであり、シャンプーも大量に使いがちです。育毛効果があるとされているシャンプーにも化学成分が配合されているものがあり、必ずしも髪にいい影響を与えるとは限りません。

シャンプーを使い続けている内に抜け毛が増えてきたとしたら、ひょっとしたらシャンプーが原因になっているかも知れません。『髪が生えてくる』といった謳い文句を鵜呑みにせず、きちんと自分の体質に合っているのかどうかを判断することが大切です。

シャンプーの必要性

外国と比べてみても、日本人は入浴の文化が広く根付いており、毎日風呂に入るという人がほとんどです。そして、大多数の人が毎日シャンプーで髪を洗っています。もしも、シャンプーで髪を洗っていないとすれば、周囲の人たちから不潔だと思われてしまうかも知れません。

しかし、お湯にはかなりの洗浄力があり、お湯で頭皮と髪を洗うことでほとんどの汚れは洗い流すことができます。むしろ、シャンプーを使うと皮脂を落とし過ぎてしまい、その結果、皮脂の分泌量が増えて頭皮環境が悪化するというデメリットにも注目されるようになってきました。そのため、近年では育毛法の一つとして湯シャンを実践している人も多いです。

湯シャンとは

湯シャンとはその名の通り、シャンプーを使用せずにお湯(または水)だけで頭皮と髪を洗う洗髪方法です。皮脂の落とし過ぎを防ぎ、頭皮と髪が本来持っているバリア機能を取り戻す効果があります。福山雅治やYOUなど、有名人にも湯シャンを実践している人は多いです。

シャンプーを使って抜け毛が増えたという人は湯シャンを試してみるのもいいかも知れません。しかし、湯シャンにも体質によって合う合わないがあるので必ずしも育毛効果が期待できるものではなく、あくまで育毛法の一つとして考えた方がいいでしょう。

頭頂部の薄毛の改善のために

頭頂部の薄毛の改善には生活習慣の見直しが必要

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の典型的な症状です。頭頂部が薄くなってくると、大抵の人は焦って育毛剤、育毛シャンプー、育毛グッズなどに手を出しがちなものです。

しかし、男性型脱毛症が引き起こされた以上、そこには必ずなんらかの原因があります。男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされますが、環境的要因にも深い関係があります。生活習慣の見直しを図ることで男性型脱毛症の症状を抑えることができれば、育毛剤などの育毛効果も得やすくなることでしょう。

血行不良が男性型脱毛症に繋がる

育毛には血の巡りをよくすることが大切です。血行不良は健康的な髪の成長を妨げ、男性型脱毛症を引き起こす場合もあります。そのため、育毛剤や育毛シャンプーには血行促進効果のある成分を配合したものが多いです。

頭皮の血流を促進するミノキシジルと同等効果なのに副作用が無い最新の天然成分が、海藻類のぬめりから抽出したエキスM-034です。その他、頭皮の血流を促進する天然成分はセンブリエキス、血流促進と炎症改善どちらの効果も持つのがジフェンヒドラミンHCです。
最新版!男性用育毛剤おすすめランキング

血行不良になる原因の一つが運動不足です。現代人は特に運動が足りていないと言われており、必要に迫られない限りは体を激しく動かさないという人も少なくありません。しかし、運動が不足すると血の巡りが滞ってしまい、それは頭皮と髪にも悪影響を与えることになります。学生時代は授業や部活で運動をしていたものの、就職してからは運動をする機会がめっきりなくなったという人は要注意です。

また、テレビ、ゲーム、パソコンの長時間使用も血行不良に繋がります。画面を長時間眺めていると目が疲れ、体は強張り、首や肩に凝りを覚えたり、眼精疲労を感じたりする人は多いです。こうした悪影響は知らず知らずの内に頭皮と髪にも及んでいる可能性があります。

血行が悪くなると頭皮が少しずつ硬くなっていきます。フカフカの柔らかい土壌では作物はよく育ちますが、ガチガチの硬い土壌には作物はあまり育ちません。これと同じことが頭皮と髪でも起きるので、頭皮を揉んでみて強張った感覚がある人は特に注意した方がいいでしょう。

食生活と男性型脱毛症の関係

髪や皮膚や筋肉や骨など、人間の体の大部分はタンパク質によって作られています。食事から十分なタンパク質を摂取できていないと髪を作ることができなくなり、薄毛の原因になる可能性があります。そのため、薄毛が気になるという人はタンパク質を積極的に摂った方がいいでしょう。ただし、タンパク質は高カロリーのものも多いので、カロリーの過剰摂取には気をつけなければなりません。

その他、タンパク質と同じく髪の材料になる亜鉛、毛母細胞の細胞分裂を活発にするビタミンB群、女性ホルモンと似た働きを持ち発毛を促すイソフラボンなども積極的に摂りたい栄養成分です。

頭頂部の薄毛は育毛剤を使用する前に生活習慣を見直す

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症なのか

頭頂部が薄くなったり、前頭部の生え際が後退していくのが男性型脱毛症の典型的な症状です。しかし、薄毛の原因は男性型脱毛症だけではありません。食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、ストレスなどの環境的要因によって髪が薄くなっていくこともあります。

一般的に、頭頂部の薄毛よりも前頭部の生え際の薄毛の方が治りにくいとされています。それは前頭部の生え際の薄毛がいわゆる男性型脱毛症であり、男性ホルモンが原因になっているケースが多いためです。男性ホルモンの働きというものは遺伝によって決まってくるところが大きいため、後天的に手を施しても改善するのが難しくなっています。

しかし、頭頂部の薄毛は男性型脱毛症ではないケースも少なくありません。例えば、10円ハゲや500円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症はストレスによって引き起こされることも多いです。ストレスによって一時的に頭頂部の髪がごっそりと抜け落ちても、ストレスがなくなったことで自然治癒していったという人もいます。

薄毛対策にはまず原因を突き止めることが大切

薄毛の原因が分かっていない状態では適切な対策を行うこともできません。男性型脱毛症は悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きによって引き起こされるため、ジヒドロテストステロンの発生を抑える成分を配合した育毛剤の使用が効果的です。

しかし、薄毛の原因がジヒドロテストステロンではない場合、こうした育毛剤を使用しても十分な育毛効果を得ることはできません。逆に、頭皮環境が悪化してしまい、更に髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりする可能性もあります。

まずは生活習慣を見直す

頭頂部の薄毛は食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、ストレスなどの環境的要因によって引き起こされることも多いです。頭頂部が薄くなってきたと感じたらまずは生活習慣を見直し、髪に悪影響を及ぼす行動を繰り返していないかどうか振り返ることが大切です。不健康な生活習慣を改善すれば頭皮環境も改善していくことになるため、薄毛が自然治癒する可能性は十分にあります。

生活習慣を見直しても原因が見当たらないという場合、病院やクリニックを利用するといいでしょう。病院やクリニックには検査器具が揃っており、また、薄毛に悩む多くの人々に対応してきた実績があるので、これまでの症例と照らし合わせて薄毛の原因を判断することができます。そして、薄毛の原因が分かれば最適な育毛剤も分かるようになります。

女性の頭頂部の薄毛の原因

女性型脱毛症とは

男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされる薄毛のことです。男性型脱毛症は男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛根の毛乳頭に入り込み、5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンに変化することで発症します。ジヒドロテストステロンは毛母細胞に入り込み、毛母細胞の細胞分裂を抑制し、発毛を阻害するという働きを持っているのです。また、毛周期が乱れて髪の成長期も短くなるため、成長する前に髪が抜け落ちてしまうことになります。

そして、女性にも男性型脱毛症の症状が起きる可能性があります。女性の場合、男性型脱毛症と区別するために女性型脱毛症と呼ばれることもあります。

女性型脱毛症のメカニズム

女性型脱毛症のメカニズムは男性型脱毛症のメカニズムと同じく、善玉男性ホルモンのテストステロンが悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変化することによって発生します。

男性ホルモンは男らしさを司る性ホルモンですが、男性だけでなく女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。そのため、女性でも男性と同じく、女性型脱毛症の症状が起きる可能性があるのです。

ただ、一般的に、女性の体内にある男性ホルモンは男性と比べると少なくなっています。また、女らしさを司る性ホルモン、女性ホルモンは女性の体内に多く存在しています。特に若い女性は女性ホルモンの分泌が活発であり、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1程度です。

そのため、男性型脱毛症よりも女性型脱毛症の方が発症率は低くなっています。

男性型脱毛症と女性型脱毛症の違いとは

男性型脱毛症では頭頂部や前頭部の生え際など、頭髪の一部が極端に薄くなり、そこから広がっていくという特徴があります。これが悪化していくと完全に禿げ上がってしまうことになります。

女性型脱毛症では頭頂部が全体的にボリュームダウンしていくという特徴があります。抜け毛よりも、髪がやせ細っていくことの方が多いです。

頭皮が健康ならば1つの毛穴から3本の毛が生えてきます。しかし、不規則な食生活、運動の不足、睡眠の不足、加齢、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れると髪の成長サイクルも崩れてしまいまい、髪の成長期が短くなったり、休止期が長くなったりします。そうなると毛穴から生えてくる髪が減ってしまい、ボリュームダウンを引き起こすことになるのです。

頭頂部は普段意識しない場所であり、女性型脱毛症は男性型脱毛症よりも更に少しずつ進行していくといくため、すぐに症状に気づくのは難しくなっています。対策が遅れると改善も難しくなるので注意が必要です。

20代での頭頂部の薄毛、生え際の後退は男性型脱毛症か

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症には2種類あり、前頭部の生え際から禿げていくタイプ、頭頂部が薄くなっていくタイプに分けられます。額が広くなってきたり、頭が薄くなってきたりしている場合、男性型脱毛症による薄毛の可能性があります。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンです。善玉男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくと、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンの働きの一つに髪の成長を阻害するというものがあり、ジヒドロテストステロンが増えると髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりしてしまいます。これが男性型脱毛症が引き起こされるメカニズムです。

男性ホルモンは男性だけではなく女性にも存在する性ホルモンですが、基本的に、女性と比べると男性の方が男性ホルモンの量は多いです。男性型脱毛症は男性ホルモンが深く関わっているため、女性よりも男性がかかりやすいとされています。

また、男性ホルモンの働きは30代以降に衰えていきます。そのため、30代以降に髪のボリュームダウンを感じる人が多いのです。

20代でも男性型脱毛症になる

男性型脱毛症は30代以降に発症することが多いですが、20代でも男性型脱毛症になってしまう人は少なくありません。

悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼの量には個人差があります。5αリダクターゼが多いとテストステロンと結びやすくなるため、結果、大量のジヒドロテストステロンが発生することになります。生まれつき5αリダクターゼの量が多い人は若くして男性型脱毛症になる可能性が高いと言えるでしょう。また、5αリダクターゼの量は遺伝により受け継ぐという性質を持っているため、父母や祖父母に男性型脱毛症の人がいた場合は要注意です。

男性型脱毛症の対策

男性型脱毛症には男性ホルモンが大きく関わっています。そのため、生まれつき男性型脱毛症になりやすい、なりにくいという個人差は存在します。しかし、男性型脱毛症は環境的要因によって引き起こされる場合もあります。

栄養バランスの取れた食事を摂り、適度な運動を行い、十分な睡眠を取るように心がけることで男性型脱毛症の発症を未然に防ぐことができます。特に、大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っており、男性ホルモンの働きを抑える効果があるので、日頃から積極的に摂るようにした方がいいでしょう。

頭頂部の薄毛対策は?

今回は、頭頂部の薄毛について、色々と調べてみます。

頭頂部のハゲ・薄毛の原因は
・AGA(男性型脱毛症)
・血行不良
・食生活
・ストレス
などがあげられます。
ハゲと聞くと、男性のイメージがありますが、
FAGA(女性男性型脱毛症)といって、女性の頭頂部の薄毛やハゲも増えてきているようです。

やっかいなのは、頭頂部は鏡に映りにくく、自分では気づかないうちに進行してしまうこと。
また、頭頂部のハゲや薄毛は進行が早いらしいので、日頃から気にしておいた方が良さそうです。
周りの人が気付いたとしても、よほど親しいか、よほど無神経な人でないと
「ちょっと、ヤバイよ。」なんて教えてくれないでしょうし。

では、頭頂部のハゲや薄毛に気付いたら、どのように対策をしたら良いのでしょうか?

対策として、ハゲの進行を遅らせる『予防策』、毛の量を増やしていく『改善策』の二つがあります。

予防策として
①生活習慣の改善
これは、生活習慣が乱れることで、髪の成長に必要な栄養分が乏しくなったり、発毛因子の働きが悪くなります。そして、これが、髪に対して悪い影響を及ぼしてしまうのです。

②ヘルメットや帽子の長時間の着用を防ぐ。
ヘルメットや帽子などで頭を覆うと、頭頂部が蒸れてしまい、頭皮に負担がかかります。
頭頂部がハゲてくると、恥ずかしくて隠そうとしたりしがちですが、隠すことで頭皮に負担をかけ、ハゲが進み、さらに隠したくなる・・・。といった悪循環が起こります。

帽子などはメッシュ素材の物など、蒸れにくい素材を選ぶこと、
なるべく頭皮が蒸れずに清潔であるようにしなくてはいけません、

③頭皮を守る
上記②と矛盾して聞こえるかもしれませんが、
頭皮が蒸れるからといって、何も被らないで外出をすると,
頭頂部に有害な紫外線を直接当てることになってしまい、頭皮に悪影響を及ぼすのです。
ですので、外出時の帽子は必須アイテムとなります。
こまめに脱いだり被ったりしながら、頭皮を気遣うことが大切です。

④頭皮に良いシャンプーを選ぶ
シャンプーによる頭皮ケアは、頭頂部のハゲ予防に有効だそうです。
最近テレビCMでよく聞く『スカルプシャンプー』などが良いでしょう。
頭皮がしっかりとキレイになると、髪の成長を促しますし、育毛剤などもしみこみやすくなるので、効果も大きくなるでしょう。

最後に、改善策。
これは、育毛剤や発毛剤の利用です。
予防策にて紹介した内容でしっかりと頭皮の環境を整え、育毛剤や発毛剤を正しく使って、気長に髪の毛が増えるのを待ってみてください。